すっぽんの味の良し悪しは調理人の腕次第

すっぽん鍋・すっぽん雑炊・すっぽんの生き血

実際にすっぽんを調理していた立場です。調理する人によりますが、本当に美味しいすっぽん料理は、臭みがなく、とっても美味しいです。

すっぽんから出る出しはとても深みがあり、お腹も温まる料理であります。しかし、臭みを感じてしまう場合は、美味しくありません。その時は、調理する方の腕が悪いと判断出来ます。 すっぽんの鍋料理です。すっぽんは焼きネギあるいは、豆腐ととても相性が良く、濃厚かつ、旨味の宝庫と言えます。先ほどの「実際すっぽん料理を食べてどうでしたか」でも、述べた様に、調理をする方によって、味は様々です。

すっぽんは、精力増強剤です。また、ゼラチンを豊富に含んでいる為、食べ終わった後は、体がほてってきます。(ゼラチンは特に、「エンペラ」と呼ばれる、骨のないプルプルとした皮に豊富に含まれています。また、すっぽんの生き血は、本来焼酎と割って飲みますが、精力増強剤そのままであり、中には飲むと鼻血が出る方もおられるほどです。

すっぽん料理を食べるのは、とても良い機会ですので、とても楽しみですね。

 

すっぽん鍋

やっぱり、亀というイメージが強くて抵抗がありました。

先輩が注文したので、仕方なく食べたんですが、味は思っていたよりも不味くはありませんでした。

すっぽん鍋しか食べた事がないので、すっぽん鍋をおすすめしたいのですが、最後にうどんを入れて食べたのがおいしかったです。 “よく、すっぽんを食べたら肌がプルプルになるって聞いたんですけど、本当にプルプルになりました。
それに、目覚めがとても良かったです。

いつもだったら、目が覚めてもしばらくは布団の中なのですが、すっぽんを食べた翌日にはすぐに起き上がる事が出来ました。
気のせいかもしれませんが、いつもよりもシャキンッとした感じでした。

 

すっぽんのフルコース

鍋物とか唐揚げはおいしかったです。キモとか刺身といった珍味系も珍しい感触でした。ただ、生き血とかは生々しくてあまり好きではなかったです。

締め及び翌日の朝に食べたすっぽんの雑炊が一番おいしかった。すっぽんのエキスが入っている雑炊ですが、すっぽんそのものではないですが。 すっぽんの鍋料理とかは、すっぽんがプルプルしていてコラーゲンがたくさんとれたように感じた。お店の人も、鍋料理は女性に人気があって、煮こごり部分を喜んで食べる人が多いといっていました。

個人的な印象としては、鶏肉に脂肪分がたっぷりとついたお肉のようなイメージでした。いずれにせよ、フルコースはかなり量が多く、またビールも飲んだので、食後はお腹いっぱいでした。そのまま寝てしまって、効果はよくわかりませんでした。

 

すっぽんと言われなければ、わからないと思います。

食感と味は鳥肉に近いと思います。臭みはないので、食べやすいと思います。 はじめて食べるなら、鍋などの煮込み系の料理が良いと思います。鍋だと見た目がNGにならないので、食わず嫌いにはならないと思います。とくにすっぽんの出汁でつくる締めのご飯は、感動すると思います。

体力が落ちてきた時や風邪気味の時におすすめします。夏バテ時にも有効だと思います。すっぽんだけでなく、いろんな香辛料で煮込んでいるので、栄養満点です。イメージはサムゲタンに似ていると思います。スープを飲むと、身体がポカポカ内側から温まります。汗もかきやすくなります。代謝が良くなったのを実感できます。多少の風邪なら次の日に回復するぐらい強力です。