すっぽんを食べた健康効果は身体がポカポカ温まる

すっぽんスープ

少し高価なものですが、体に良いとのことで食べてみました。

食べなれていないからなのか、それほどでもなかったです。食べなれているコンソメスープの方が好みではあります。 すっぽんスープがおすすめです。すっぽんそのものが見えるとグロくて口に入れるのが怖いので、すっぽんから出汁をとったスープがおすすめです。 滋養強壮に良いとか関節痛に効果があるとか言われています。

私は冬になる季節の変わり目によく風邪を引くのですが、その頃すっぽんスープを食べました。食べた直後から体がホカホカ温かくなりました。食べた翌日もいつもはある疲労感が無かったし、お肌もつるっとしていました。味はともかく、体にはすっぽんの効果が現れたと思います。

 

すっぽん鍋

正直,見た目は非常にグロテスクでした。特に,首の部分は原型がそのまま残っていて,食べるのに躊躇しました。しかし,実際に食べてみると,肉が非常に美々でした。 やはり,すっぽん鍋だと思います。すっぽん1匹を余すことなく使用しているため,血液を含めてすっぽんを味わいつくすことができます。

食べた直後は,体がホカホカとあったまる感じがしました。その夜はぐっすりと眠ることができました。翌日起きると,肌つやが非常に良くなっていました。また,普段起きた直後は,は頭がボーッとするはずなのに,この日に限っては,非常にさえわたっていました。このような状態が,2~3日続きました。すっぽんを食べることで,数日間は活力がよみがえると思います。

 

鍋、天ぷら、唐揚げ、湯引き、生き血などフルコースを数度

個人的な味覚として「おいしい」と思います。まず、すっぽんから出るだしは上品で、かつおや昆布のだしとはまた違う品の良さと深みがあります。
また肉質は、しなやかな赤身(くせはない)ところと、えんぺら(甲羅の外側のゼラチン質のところ)の食感の妙が魅力です。

鍋:すっぽんの上品なだしが堪能できる。具を食べた後に雑炊にするとその風味をあますことなく味わえる。

焼きすっぽん:唐揚げと違ってだすところは少ないが、うま味が凝縮していておいしい。

煮こごり:コラーゲンのぷるぷる感が楽しめる。刺身:魚とも肉とも異なる質感の肉でイメージとは違いとても食べやすい。

コースの最初に生き血がでますが、これを飲むと、身体が熱くなります。女性なので精力増強?などはわかりませんが、手足の冷えには効果があると感じます。
コラーゲンについては、他のコラーゲンを含むものと同様。お肌がつるつる というのは感じ方の差があると思います。私はさほど感じません。
すっぽんの卵は、ビタミン豊富なので、これは栄養補給には役立ちます。疲労感の軽減効果は感じます。

 

丸鍋、丸吸

本体というより出汁がうまい。よって雑炊も最高にうまい。
身は筋肉質な部分とゼラチンがあり、どちらもまあまあうまい。

丸鍋か丸吸。なぜなら出汁を最高に楽しめる了以だから。出汁が何とも言えないコクとスッキリさを出している。

特にないが、温かい料理を食べた後の体の温まり方はすごくよいので、冬にはとてもよい。あとは、ゼラチン部分などは美容に良いのかもしれないが、おそらく定期的に摂取していないと効果は実感できないだろう。
いずれにせよ健康効果は高いと思うが、サプリメントなどで定期的に取るのが良いのではないかと思う、健康目的であれば。